Home 働き方改革とは 働き方改革アカデミーとは 学校長からご挨拶 無料レポート 運営組織
× 閉じる

  北大阪校

無料レポート

各テーマごとに無料で「助成金を活用した働き方改革実践レポート」がダウンロードできます。

働き方改革アカデミーでは、 企業が取り組むべき働き方改革を10のテーマについて解説しています。
単なる働き方改革ではなく、助成金を活用した取り組みとなりますので、
コストをかけずにあなたの会社が働き方改革を実践・実現することができます!

「働き方改革・10のテーマ」


Theme.1 「多様な働き方」
就活生に限らず、高齢化時代となり、いずれは父母の介護を迫られるなど家庭の事情で全国転勤をためらう社員が増えています。
厚生労働省では、人手不足が続いているということもあり、 多様な雇用を受け入れる企業文化が必要と考えているようです。 このように、これからの「企業は社員が働きやすい働き方」を整備する必要に迫られています。
Theme.2 「非正規社員の待遇改善」
最近では、「働き方改革」という言葉を耳にしない日はありません。
「多様な働き方」や「労働時間の短縮」「生産性の向上」「賃金アップ」 といった労働施策は、今では中小企業の経営においても重要なキーワード になっています。
そんな中、中小企業における働き方改革を検討する場合は、まずはパート社員 の積極的な活用を考えるべきだと思っています。
Theme.3 「女性の活躍推進」
労働力人口が減少する時代においては、『いかに人材を確保するのか?』ということが、経営者にとって非常に重要なテーマです。
このような状況を踏まえ、国も「女性の活躍」を重要な労働施策の一つとして掲げており「女性活躍推進法」が 施行されましたが、その内容について理解している経営者は少ない のが現状です。
Theme.4 「高齢者の就業支援」
公的年金の受取開始年齢を、「75歳」からにすることも選択できるようにする。 そんな議論がされています。60歳で定年退職して65歳まで継続雇用したとしても、まだまだ人生は長いのです。
このような状況を受け、労働者が65歳以上も働ける場を提供することが、企業の 社会的責任として求められています。
Theme.5 「若者の雇用促進」
労働力人口が減少し人材確保の確保が難しくなる中、新卒採用に乗り出す 中小企業も増えています。
では、中小企業が新卒の採用をするためには、どのようなことに注意を すれば良いのでしょうか?
Theme.6 「育児と仕事の両立支援」
労働力人口が減少する中、多くの企業では人材の確保(採用)や 社員の定着率をアップさせる方法に対する関心が高まっています。
法改正を知らずに、育児休業制度が古いままになっている企業も 多いのではないでしょうか?では企業はどういった対策をすべきでしょうか?
Theme.7 「介護と仕事の両立支援」
高齢者人口の増加とともに、介護保険制度上の要支援・要介護の認定を 受ける人の数は増加しています。 家族の介護や看護による離職者数は毎年 10 万人前後で推移しており、 そのうち2割を男性が占めている状況です。
今、企業として仕事と介護の両立支援を必要とする従業員への 支援が求められています。
Theme.8 「長時間労働の是正」
「働き方改革関連法」が成立し、企業の経営にとって非常に大きな影響があるのが、労働基準法が 改正されて「労働時間に上限が設定された」ことです。
では、これからの企業はどのように労働時間や有給休暇の管理を行って行けば 良いのでしょうか?
Theme.9 「ハラスメント対策」
ハラスメントが企業にもたらす損失は、想像以上に大きいものです。
ハラスメントを受けた人(被害者)にとっては、人格を傷つけられ、 仕事への意欲や自信を失い、さらに心の健康の悪化にもつながります。
企業の「職場におけるハラスメント対策」はどうすべきでしょうか?
Theme.10 「人材開発・キャリア支援」
昨今、AIに人間の仕事が奪われてしまうという 声もありますがが、日本は少子高齢化によって人手不足が深刻なため、 まだ少し時間がかかると思います。
しかし、政府か進めている『働き方改革』などによって生産性の向上が 求められることは間違いないでしょう。中小企業が助成金を活用して効果的に人材 開発を行う方法とは何でしょうか?

PAGE TOP